予防薬の用意は完璧!フィラリアのことは必ず知るべき

フィラリアから守る予防薬

愛犬がフェライア症は感染してすぐ症状は御座いません。
暫く経っても、咳が止まらなかったり、散歩を拒んだりと食欲の旺盛ぶりが減ったり、体重が減り失神するのです。
さらにおなかが大きく膨らんだり、赤い尿が出た等の症状が出て、肺、肝臓、心臓、腎臓を痛めしまう、こんな症状があったのにも関係なく、放置したままだと死にい至る事があるのです。

感染して3ヵ月間体内で幼虫が成長し続けて、やがて成虫とになり、子虫を生み出します。
感染して症状が発症するまで大よそ3ヶ月ほどかかるので、異変に気づいた時は既に手遅れになる事もあります。感染は人間にも感染する可能性があるので、恐ろしいフィラリア症となってます。
治癒法は成長した成虫を手術で取り除くのですが、全て除去する事は出来ないのです。
このような、悲しい事が起こらない様に、フェラリア予防の大切さが分かる事でしょう。
フィラリア予防薬は飲み薬やスポイトタイプ、注射があり、この中では飲み薬と注射が主流ですが、フィラリア予防で動物病院に診察しに行く時間がなく、もっと手軽に予防が出来ないのかと思ってる人は海外の商品レボリューションのスポイトタイプがお勧めとなってます。
こちらの商品レボリューションの効果は簡単な吸収型スポット剤で、月に一回ペットの背中に垂らすだけでフィラリア症の予防、回虫の駆除、ノミ成虫の駆除、ノミ卵の孵化阻害及び殺幼虫作用によるノミ寄生予防に効果があって、ミミヒゼン壁蝨の対峙ができるのです。

さらには、皮膚から速やかに浸透するため、2時間後シュンプーして、乾燥後、安心してペットとのスキンシップを楽しむ事が可能です。
猫にも使えるのですが体重により使用量が異なります。

犬の2.5キログラムの場合は15ミリグラム、2.6~5キログラム場合30?と量がちがい効果の効目も変わりますので使う際は気をつけて頂きたい。
尚フィラリア予防薬の使用期間は妊娠中、授乳中のペットでの可能で子犬は生後6週間目から、子猫は生後8週間目から使用可能となってます。
レボリューションは万能な駆除薬なので飲み薬の苦手な犬や猫達にとって簡単に予防が出来ます。

メニュー